頭皮

頭皮はなぜ乾燥するのか?普段の対策で乾燥は防げます!

投稿日:2017年11月13日 更新日:

乾燥肌はよくないと言われますが、頭皮が乾燥することもよいことではありません。バリア機能が弱まり、できものや炎症が起こりやすくなります。フケも頭皮の乾燥から始まります。これらがさらに乾燥を招くという悪循環に陥るのです。

頭皮はなぜ乾燥するのでしょうか?主な原因を4つ挙げて、その対策も考えていきます。

頭皮が乾燥する理由

シャンプーが合っていない、回数が多い

頭皮に合わないシャンプー、刺激が強すぎるシャンプーは頭皮を傷めてしまいます。傷んだ頭皮ではターンオーバーがうまく働かないこともあり、保湿機能が不完全になって乾燥してしまいます。

また、シャンプーの回数が多くなると、頭皮にある皮脂が必要以上に洗い落とされてしまいます。皮脂は過剰になれば毛穴に詰まってニキビの原因になるなど弊害が出ますが、適量の皮脂は皮脂膜を形成して皮膚を守る役割を果たします。皮脂が少なくなると肌のバリア機能が弱まり乾燥するようになります。熱いお湯でシャンプーしても皮脂は洗い落ちやすくなります。

少しでも刺激を感じたシャンプーは使わないようにしましょう。以前は大丈夫でも、今は頭皮が弱って合わなくなってきてるかもしれません。回数は1日1回にして、ゴシゴシ強くではなくマッサージするように洗いましょう。お湯の温度も熱くしすぎないように。

無理なブラッシング

髪を整えてセットするためにくしでブラッシングするのは必須ですが、注意して行わないと頭皮が傷んでしまいます。鋭利になっているくしの先が頭皮に当たって擦れるのですから、軽く入れたつもりでも頭皮には相当のダメージです。頭皮が弱ると保湿機能に支障が出て乾燥してくるのは上でも説明した通りです。削り取られた角質がフケとなって落ちてきます。

ブラッシングはできるだけやさしく、回数も少なくて済むようにしましょう。健康な頭皮のためには髪型も考えた方がいいかもしれません。

外部刺激に対する無防備

頭皮は想像以上に外部刺激を受けやすい場所です。直射日光がいちばんに当たるのは頭ですし、紫外線も頭皮に悪影響を及ぼします。顔や腕に紫外線を浴びると日焼けして肌がダメージを受けシミになったりしますが、頭皮でも同じことが起きているのです。

また、洗髪後に蟹の毛を濡らしたまま放置しておくのもいけませんし、ドライヤーで強い風を当てすぎるのも頭皮にはよくありません。傷んで乾燥につながります。

外出するときは帽子をかぶる、ドライヤーの温度や強さに気をつけるなど、普段からのこまめな対策が必要です。

季節的な要因

日本には四季があり、それぞれの時期に特徴があります。そこで暮らしている私たちの肌は当然その影響を受けます。頭皮も例外ではありません。

冬は大気とエアコンの影響で乾燥

冬は日本の大気そのものが乾燥しています。太平洋側は北から乾いた風が吹き、日本海側は雪が降りますが室内の空気はエアコンの影響で乾燥します。太平洋側でもエアコンは使われるので二重の意味で乾燥します。空気が乾燥すると肌からも頭皮からも水分が奪われやすくなり、乾燥してしまいます。

春は気温差と紫外線の影響で乾燥

春になると大気の乾燥は和らいできますが、日中の気温は上がってくるのに夜から朝にかけてはまだ冷え込む日が多く、気温の差が大きくなります。また、三寒四温といって日によっても気温差が大きいので、肌がこれらの温度の変化についていきづらくなります。水分と油分の割合を変化させて対応しようとするのですが、うまくいかずにバランスを崩し乾燥へとつながります。

それに加えて、だんだん強くなってくる紫外線の影響も大きくなってきて、肌も頭皮も乾燥します。

夏は汗・紫外線・エアコンの影響で乾燥

夏は気温が高くなり、体温調節機能が働いて汗をかくことが多くなります。汗が肌から蒸発するときに水分が奪われるので、肌も頭皮も乾燥してしまいます。

また夏は紫外線が強くなります。多大なダメージを受けた肌はターンオーバーを進めて回復させようとするのですが、準備が追いつかないため表面に上がってきた肌は完全な状態ではなく、保湿機能がうまく働かず乾燥状態になります。

それに、冬と同様にエアコンを使用する機会が多くなります。エアコンの乾いた風が肌や頭皮に直接当たると水分が奪われ乾燥してしまいます。

秋は紫外線と気温差で乾燥

秋になると気温の上昇はおさまり汗が出る場面は減ります。しかし紫外線の強さはまだ残っていて、ターンオーバーの不調により肌や頭皮の乾燥を招きます。

また春と同じく昼と夜の気温差が大きくなり、変化に対応しきれない肌は乾燥してしまいます。晩秋にもなると冬のような乾いた風が吹き、これも肌や頭皮の乾燥の要因です。

このように、春夏秋冬それぞれに肌・頭皮が乾燥してしまう原因があります。これらへの対策としては、

・エアコンをつけすぎない。加湿器も同時に使う

・紫外線からできるだけ肌をガードする

・気温差に対応してこまめに服装を調節する

などが考えられます。

スポンサーリンク

まとめ

頭皮が乾燥する要因としてシャンプー、ブラッシング、外部刺激、季節の影響が考えられます。頭皮を健康に保ち育毛を阻害させないためにも、普段から意識して対策していきましょう。

-頭皮

Copyright© ナノインパクト100の口コミからわかったいいとこ・悪いとこ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss