ナノインパクト100

ジヒドロテストステロンを抑える薬や食物はあるの?AGAを治す方法を探る

投稿日:

男性型脱毛症(AGA)にお悩みで詳しく調べている方は、その原因がジヒドロテストステロン(DHT)にあるとご存じのことでしょう。ジヒドロテストステロンを抑えられたらAGAも治るのに・・・。

そこでこのページでは、ジヒドロテストステロンについてもう一度おさらいした後、なぜDHTが増えるのか、DHTを抑える方法はあるのか、についてまとめていきます。

5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンができます

テストステロンという男性ホルモンは、ヒゲを生やしたり筋力を増強したり生殖機能を支えたりして、男性が男性らしくいられるために働くホルモンです。頭部の毛細血管から毛乳頭細胞に運ばれたテストステロンがそこに存在する酵素である5αリダクターゼによって更に強力な男性ホルモンになったのが、ジヒドロテストステロン(DHT)です。

ジヒドロテストステロンで男性型脱毛症になる理由

ジヒドロテストステロンは同じく毛乳頭細胞内にある受容体と反応して、TGF-βというタンパク質を生成します。TGF-βは毛母細胞にとっては脱毛因子となり、毛母細胞の細胞分裂を抑えて成長期にある毛髪をストップさせたり、新しい髪を生やさなくしたりします。

したがってジヒドロテストステロンは薄毛や脱毛を引き起こしてAGAの原因となったり、頭髪以外にも精力を減退させたり前立腺が肥大しやすくなったり、男性機能を阻害してしまうホルモンです。ジヒドロテストステロンはできれば増やしたくないですよね。

5αリダクターゼの働きによってジヒドロテストステロンの量は左右されます

男性には薄毛の人もいればそうでない人もいるので、ジヒドロテストステロンの量に個人差があるのはおわかりでしょう。薄毛や脱毛が進んでいる人はジヒドロテストステロンの量が多いということです。

では、ジヒドロテストステロンが多い人の体の中では何が起きているのでしょう?上で説明したように、男性ホルモンであるテストステロンに5αリダクターゼという酵素が働いて、ジヒドロテストステロンが生成されます。したがってこの5αリダクターゼの量が多い人ほど、ジヒドロテストステロンの量も多くなります。同じようにテストステロンの量も関係してくるのですが、男性体内でのテストステロンの量の個人差は5αリダクターゼほど大きくありません。ゆえに、5αリダクターゼの分泌量に着目して考える方が現実的です。

薄毛や脱毛症は遺伝すると言われますが、それは5αリダクターゼの働きに関係しています。5αリダクターゼが活発に働くか否かにも個人差があり、それを決める遺伝子が存在します。それが親から遺伝されるため、親がAGAなら子もAGAになりやすいという状況が生まれやすいのです。

ジヒドロテストステロンを抑えるには

以上のことから、ジヒドロテストステロンを抑えるには5αリダクターゼの働きを抑えることが必要であり効率的であると言えます。この観点から、ジヒドロテストステロンを抑える薬や食物を考えていきます。

ジヒドロテストステロンを抑える薬

それでは5αリダクターゼの働きを抑えてジヒドロテストステロンの量を減らす薬があるのでしょうか?それがフィナステリドです。

フィナステリドはアメリカの製薬会社が開発した薬です。5αリダクターゼを阻害して男性ホルモン(ほとんどがジヒドロテストステロン)を減少させる働きがあり、アメリカでは前立腺肥大症や前立腺がんの治療にも使われています。

フィナステリドでジヒドロテストステロンが抑制されることで男性型脱毛症にも効果(発毛や育毛)が現れることがわかり、日本を含む各国でAGAの治療薬として認められています。

フィナステリドを主成分とするAGA治療薬

このフィナステリドを主成分としているAGA治療薬がプロペシアです。そのジェネリック医薬品としてファイザーも発売されています。

プロペシアもファイザーも内服の医薬品ですので、AGA治療を掲げているクリニックや美容外科で診察を受けて処方してもらう必要があります。保険がきかないことにも注意しておきましょう。

また、フィナステリドを成分にもつクリニック独自の外用薬を処方してくれるところもあります。

フィナステリドの副作用

ほとんどの医薬品には副作用があり、フィナステリドにも副作用が報告されています。5αリダクターゼの機能を抑制してジヒドロテストステロン(男性ホルモンの大部分を占める)を弱めることから、精子の減少、そこからくる性欲の低下や勃起不全、また活力の源である男性ホルモンが減退するので鬱にもなりやすいとされています。

フィナステリドは男性ホルモンを操作することでホルモンバランスに乱れを生じさせるので、女性は絶対に使用してはいけません。特に妊婦が使用すると、胎児にも影響が出ると言われています。

ジヒドロテストステロンを抑える食物

ジヒドロテストステロンの生成に関わる5αリダクターゼの働きを抑える薬であるプロペシアやファイザーは、クリニックでの処方が必要な上、保険もきかず高額になるため、食物やサプリメントで代用できるものがあればいいのにと気になるところですね。

亜鉛を含むレバーや牡蠣がいい、大豆を含む豆腐や納豆がいい、フィナステリドを抽出する元であるノコギリヤシがいい、緑茶にDHTを抑える機能がある、などの情報がネットに溢れています。しかし、どれにも諸説あるようで、AGAに効果があるとしてもそれが5αリダクターゼの抑制からくるものなのか、はっきりしていません。

やはり5αリダクターゼの働きを制御して男性型脱毛症を治療するには、医薬品プロペシアやファイザーを使う方法が効果的です。

まとめ

ジヒドロテストステロンについて、なぜ増えるのか、抑える薬と副作用、抑える食物はあるのか、についてまとめてきました。ジヒドロテストステロンは5αリダクターゼという酵素が作用して生成されますが、5αリダクターゼを抑制するフィナステリドは医薬品として処方してもらうことで入手できます。

-ナノインパクト100

Copyright© ナノインパクト100の口コミからわかったいいとこ・悪いとこ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss